〜お手軽価格でテニススクールの7倍速で上達!!〜

テニスでボールが見えるようになる方法

2021/06/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ふっしー
伏見 大輔(ふしみ だいすけ) TMCF代表 テニスコーチ歴 17年 テニススクール指導経験 7ヶ所 イベントレッスン、テニスキャンプ主催 プロコーチ養成スクール卒業 メンタルコーチ メンタルコーチングセミナー講師

当たり前ですが、テニスはボールを見て打ちます。

ボールを視覚的に捉えることで目的に応じて身体が反応して、ボールをコントロールすることができます。

ボールが見えるようになる方法は、「見えていないことを自覚すること」です。

無知の知という言葉があります。

自分は知らないと思うから学ぶ。

それと一緒で見えていないと思うから見ようとします。

ボールが見えていない人ほど、自分はボールが見えていると思っています。

例えば「人の話しを聞いているつもりが、違うことを考えてしまい話しが掴めなかった」なんてことないでしょうか。

それと同じで人は常に一つのものに注意を向け続けることがなかなかできません。

見ているつもりでも、見えていないことが多々あります。

見えていないことが自覚できることで、注意がボールに戻り、見えるようになっていきます。

なので、見えるようになるための始めの1一歩は「見えていないことを自覚すること」になります。

この記事を書いている人 - WRITER -
ふっしー
伏見 大輔(ふしみ だいすけ) TMCF代表 テニスコーチ歴 17年 テニススクール指導経験 7ヶ所 イベントレッスン、テニスキャンプ主催 プロコーチ養成スクール卒業 メンタルコーチ メンタルコーチングセミナー講師

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TMCF official web site , 2019 All Rights Reserved.