〜お手軽価格でテニススクールの7倍速で上達!!〜

ボレーの考察

2021/06/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ふっしー
伏見 大輔(ふしみ だいすけ) TMCF代表 テニスコーチ歴 17年 テニススクール指導経験 7ヶ所 イベントレッスン、テニスキャンプ主催 プロコーチ養成スクール卒業 メンタルコーチ メンタルコーチングセミナー講師

【ボレーについての考察】

相手のボールにペースがあってそれを安定して返したい状況。

相手のボールのパワーを使うので自分からの出力感はあまりない。

・手はアジャストするために動き、タイミングが合う事でボールが飛ぶ。

・ラケットの動く大きさは、相手のボールによって変化する。速いほどコンパクトに、遅いほど大きく。

・足は「移動」と「間の調整」のために動き、その都度動きは変わり、足の出るタイミングも変わる。

・身体の向きはボールに対して向いていき、近くで打つ時ほど正面気味になり、遠くに取りにいくほど横向きが強くなる。

相手のボールによって、これらの様々な要素が1打ごとに変化しながら対応しているので、何か一つでも動きを決めてしまうことで、全てのバランスが崩れてしまう。

なので状況を限定しない限りは、動きを意識した練習はテニスには向かない。

練習するときの注意としては、目標設定を持ち、打ったボールを把握することでフィールドバックする。

これをひたすら繰り返す事で、無駄な動きが少なくなり、練習を重ねた結果、動きが洗練されていく。

この記事を書いている人 - WRITER -
ふっしー
伏見 大輔(ふしみ だいすけ) TMCF代表 テニスコーチ歴 17年 テニススクール指導経験 7ヶ所 イベントレッスン、テニスキャンプ主催 プロコーチ養成スクール卒業 メンタルコーチ メンタルコーチングセミナー講師

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TMCF official web site , 2018 All Rights Reserved.