〜お手軽価格でテニススクールの7倍速で上達!!〜

テニスはフォームにこだわり過ぎると上達しない

2021/06/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ふっしー
伏見 大輔(ふしみ だいすけ) TMCF代表 テニスコーチ歴 17年 テニススクール指導経験 7ヶ所 イベントレッスン、テニスキャンプ主催 プロコーチ養成スクール卒業 メンタルコーチ メンタルコーチングセミナー講師

テニスは相手から二度と同じボールが来る事はありません。

状況のあまり変わらない練習でさえ、「同じ様なボール」はあっても、全く同じボールが来る事はあり得ません。

常に「違うボール」を「同じところ」にコントロールするには常に「違う打ち方」で対応しなければなりません。

よってフォームは毎回変わるものです。

それがフォームを決めてしまってはどうでしょう。

途端に対応力が落ちて、色々な状況に対処できなくなります。

私がレッスンをする時も、感覚を掴むという目的で、状況を限定して同じような打ち方をさせる事はあります。

しかし、常にそう打てばいいんだと解釈されないようには気を付けています。

大事なのはフォームを意識する事ではなく、エリアと到達時間を設定して、あとは反復練習する事です。

この記事を書いている人 - WRITER -
ふっしー
伏見 大輔(ふしみ だいすけ) TMCF代表 テニスコーチ歴 17年 テニススクール指導経験 7ヶ所 イベントレッスン、テニスキャンプ主催 プロコーチ養成スクール卒業 メンタルコーチ メンタルコーチングセミナー講師

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TMCF official web site , 2018 All Rights Reserved.