〜お手軽価格でテニススクールの7倍速で上達!!〜

テニスにおける攻めと守りのポジションと状況判断

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ふっしー
伏見 大輔(ふしみ だいすけ) TMCF代表 テニスコーチ歴 17年 テニススクール指導経験 7ヶ所 イベントレッスン、テニスキャンプ主催 プロコーチ養成スクール卒業 メンタルコーチ メンタルコーチングセミナー講師

テニスは時間をやり取りするスポーツ。

攻めは時間を奪う。

守りは時間を作る。

時間を奪うにはポジションを上げる。

時間を作るにはポジションを下げる。

攻めるためにはポジションを上げる準備を常にしておく。

守るためにはポジションを下げる準備を常にしておく。

実際にどう動くかはボールによって決まるので、練習では常にボールに意識を向けて練習する。

それが試合での状況判断につながる。

この記事を書いている人 - WRITER -
ふっしー
伏見 大輔(ふしみ だいすけ) TMCF代表 テニスコーチ歴 17年 テニススクール指導経験 7ヶ所 イベントレッスン、テニスキャンプ主催 プロコーチ養成スクール卒業 メンタルコーチ メンタルコーチングセミナー講師

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TMCF official web site , 2018 All Rights Reserved.